トップページ

誰もが眠れない夜を迎えた経験はあると思いますが、眠れない状態が長期になってしまう事不眠症といいます。

私は看護師をしていましたが、ある時期に長期間、しっかりと眠れない時期があり不眠症になりました。眠れないということが仕事や生活に支障をきたしてしまっていました。

集中力がなくなっている事を自覚し危機感を感じていました。人の命を預かる医療従事者としてミスは重大な医療事故に繋がることもあり本格的な治療をしてもらいました。

不眠症というものを自分でも調べ、知り合いの先生などにも相談し、過去に自分の不眠症を解決したことがあります。その経験や知識を今、不眠症で悩んでいる人に少しでもお役に立てればと思います。

集中力がなくなりミスも多くなり心身ともに疲労していきます。

不眠症とは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気です。

引用元:不眠症-厚生労働省eヘルスネット

不眠症にも種類があり、どのタイプの不眠症なのか理解しておきましょう。不眠のタイプによっても対処法は異なってきますのでまずは自分の不眠症がどのタイプなのかを把握することが大切です。

入眠障害

 

寝つきが悪い。つまり布団に入ってからなかなか眠れない状態が続く睡眠障害

中途覚醒

 

睡眠中に何度も目が覚めてしまう睡眠障害

早朝覚醒

 

予定よりも朝早く起きてしまう状態が続く睡眠障害

熟眠障害

 

睡眠の質が悪く、十分な時間寝ているにも関わらず疲れが取れない睡眠障害

どれも長期間の不十分な睡眠により仕事や日常生活に支障をきたいしてしまう事を総じて不眠症と呼ばれています。

このサイトは

厚生労働省
一般社団法人日本睡学会

の記事を参考に作成されています

不眠症の原因

不眠症の原因は大きく分けて主に5つの原因と言われています。

心理要因
身体要因
薬理学
生理学要因
精神要因

心理要因

 

友人関係、仕事などのストレスが原因

身体要因

 

高血圧、心臓病、呼吸器疾患、痒みを伴う疾患、花粉症、頻尿、関節リウマチ…など病気が原因

薬理学要因

 

降圧剤・甲状腺製剤・抗がん剤などの睡眠を妨げる薬やアルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因

生理学要因

 

交替制勤務や時差ボケなど生活リズムが乱れる事が原因

精神要因

 

うつ病などこころの病気が原因

 
といった要因が不眠症の主な原因と言われています。原因によっても対処方法、治療方法は異なってきますのでまずは原因を把握することが大切です。
 

不眠症の改善方法

不眠症の原因が多様なように治療方法、改善方法も沢山あります。そして原因によってもその対処方法は異なることもあります。

基本は睡眠を妨げる要因を排除し、睡眠しやすい環境、状況を作りますが原因を排除しただけでしっかり眠れるようになることもあります。

病気によって引き起こされる不眠症はその病気の治療を第一に、心の病気ならば心療内科など医療機関でしっかりと完治させる必要があります。

・日中の適度な運動
・朝日を浴び朝食をしっかりとる
・生活リズムを整える
・カフェイン・アルコールを避ける
・リラックスできる音楽を聴く
・ぬるめの入浴
・快眠サプリを利用する
・マッサージ、ストレッチ

不眠症の治療

不眠症は寝れない事で日常生活や仕事に影響を及ぼし、それ自体が辛い状態ですが重大な病気の影響で不眠という症状を引き起こしている可能性もあります。

また現在、病気で無かったとしても不眠により陥ってしまう病気もあります。

不眠症は重度、軽度にかかわらず医療機関で一度、しっかり検査して医師の指示に従うことが最善の選択です。

・要因となっている病気の治療
・精神内科などの診療による心のケア
・病院での睡眠導入剤など薬での治療

不眠症の体験談

不眠症経験、体験談をご紹介します。不眠で悩む状態を共有し、少しでも参考になればと思います。

不眠症の改善グッツ

不眠を解消するためのお役立ち商品をご紹介します。