熟眠障害の治療について

熟眠障害の治療について考えてみましょう。治療と一言でいっても自分でサプリなどによって自己治療をする場合もあります。

しかしどうしても自分では難しいというときには、病院で医師に相談することもおすすめです。

その場合の治療は、睡眠薬や精神安定剤などを使う薬剤治療もあります。また他には療認知行動療法というものがあります。

不眠症と病院

この治療法では70%が健康的な正常な睡眠状態に改善されていると言われています。

ではどのような治療かというと認知療法、認知行動療法は認知に働きかけて、気持ちを楽にしていく精神療法の1つです。認知とは物事の受け取り方や考え方のことを指します。

同じことが起こってもストレスを感じる人と感じない人がいますが、これは同じ物事に対して受け取り方や考え方が違うことに関係があります。そのため



なのです。

そこで具体的にその人の悩みなどの解決をしながら、長所や強いところを医師と患者が1つになって探していきます。

そして長所や強い面を自覚させていき、受け取り方や考え方の矯正を行うものです。

また、日常生活のリズムを付けて行くように計画を立てますが、できるだけ楽しいやり方でリズミカルに活動的に動けるように計画を立てるようにします。

このように自力で熟眠障害を改善を内面からサポートをしていく療法があります。

また加齢による熟眠障害の場合は、確実に加齢によってメラトニンやセロトニンの分泌量が減ってしまっています。

そのためメラトニンの分泌を促進させるためにもセロトニンを増やすことが大切です。

そこでトリプトファンをサプリなどで摂取し、



ではないでしょうか。自己熟眠障害の治療はメラトニン分泌増加につながる成分配合のサプリや、ストレス解消効果のあるアロマやハーブなど自分にあったものを使用しながら、生活リズムを整える方法が基本です。

現在良いサプリもたくさん出ているので、自分にあったものと必ず出会えるのではないでしょうか。

サプリメントで不眠症改善

熟眠障害で病院に行くと

熟眠障害は病院でもいろいろな治療があります。治療は熟眠障害の原因によっても違ってきます。例えばうつ病や不安障害、統合失調症などによる熟眠障害なのか。

不眠症と心の不安

ステロイドや降圧薬、インターフェロンなどの使用による熟眠障害もあります。睡眠時無呼吸症候群の影響もあれば、むずむず足症候群が起こっている場合だってあるのです。

また周期性四肢運動障害や前立腺肥大などによる頻尿が原因で熟睡ができない場合。

アトピー皮膚炎などによる痒みや、何かの疾患や怪我による痛みということも、熟眠障害を引き起こすことになります。

病院では熟眠障害の裏側に潜んでいる疾患を見つけることができます。そしてその隠れている疾患や症状を改善しなければ、熟眠障害は基本的に治らないという場合もあるのです。

自己治療の場合は、表面の熟眠障害ばかりを改善することしか見えないため、いくら効果の高いサプリなどを摂取してもまったく改善されない場合もあります。そのため病院に行き、



安定剤や睡眠薬を使いたくないと思って、病院に行かない人も結構いるはずですが、そのことをきちんと医師に伝えて診察をしてもらうこともできます。

まず熟眠障害の原因を特定してもらうことは、とても大切なことです。そして改善できるものは少しでも改善するための対策を行いながら、熟眠障害の治療は薬を使わない治療もあります

その上で自分なりにサプリやハーブで自己治療を行うことも高い効果が期待できそうです。

熟眠障害に使われる治療薬

熟眠障害で苦しんでいる人の中には、自分でサプリなどを利用して改善している人もいますが、どうしても自分では努力しても改善が難しい場合は医師の診断により治療をしている人もいます。

その中でも薬剤による治療を受けている人もいます。その場合、治療薬はどのような薬剤を処方されるのでしょう。

また市販の薬剤を利用して、自己治療するにはどのような薬剤がいいのでしょう。

まず睡眠薬睡眠をコントロールする薬剤です。飲み続けると効果が薄くなるので、どうしても強いものを摂取することになるため、医師の処方の下使用すべきだと言われています。

どうしても市販のものを使うと安全をコントロールすることができないので注意しましょう。

不眠症で市販の薬を服用

睡眠導入剤は睡眠薬と似ていますが、睡眠薬と同じ鎮静催眠作用がありますが、睡眠の導入効果が高い薬剤です。寝付きの悪い人におすすめですが、熟眠障害にも効果があるとのこと。

さて他にも特に医師が利用する治療薬の1つとして安定剤があります。睡眠薬や睡眠導入剤は鎮静催眠作用がありますが、安定剤は精神安定作用があります。

そのため不眠につながる精神的な不安や緊張を緩める作用が期待できるのです。

さて熟眠障害でもさまざまな理由によって薬剤は違ってくるようです。例えば鬱病や統合失調症に伴う不眠には、ベンゾジアゼビン系薬剤だけでなく、他にもミアンセリントラゾドンが投与されることが多いようです。

不安障害がある場合はフルニトラゼバムクアゼパムが使われますが、これで不十分のときには向精神薬のリスペリドンの投与になります。

パニック障害などがある場合はクロナゼパムも有効とのこと。高齢者の不眠の場合は代謝されやすいロルメタゼパムや、筋弛緩作用の少ない選択性睡眠薬としてゾルピデムゾピクロンが使われます。

そして最近注目されているのがベルソムラという薬剤で、オレキシン受容体拮抗薬です。一般の睡眠薬と違い脳の覚せい状態の抑制をする働きがあります

高まってきた覚せいを抑え、睡眠に切り替えるサポートをするので寝付きも良くなり、深い熟睡も守ってくれるという薬剤です。

不安定なのか不安なのか

熟眠障害にグリシンがいいわけ

眠りに問題がある場合、なかなか眠りにつけない入眠障害と、寝てからも何回も起きてしまう中途覚せい、熟睡ができない熟眠障害などがあります。これらの睡眠障害に効果があると言われている



このグリシンとはあまり聞き慣れない名前かも知れませんが、非必須アミノ酸の1つなのです。わたしたちの体の20%は必須アミノ酸と非必須アミノ酸でできています。

入眠障害

必須アミノ酸は自分の体内で産生できないため食品から摂取しなければならないものですが、非必須アミノ酸はわたしたちの体内でつくることのできるアミノ酸です。

そして皮膚や血管や骨などの組織にも、タンパク質はなくてはならない物質なのです。そしてそのタンパク質の30%がコラーゲン。

そしてこのコラーゲンの構成の30%がこのグリシンという物質なのです。

そしてこのグリシンは



ため、興奮の抑制コントロールをしてくれます。神経細胞の興奮を抑制コントロールができ、それによって良質な睡眠ができるのです。

人はみんな体が温まると眠くなりますが、手や足から熱を放出することで体の深部体温を下げているのです。

グリシンは血管を拡張させる効果があるため、血流が良くなり表面的な体温は高くなります。それによって深部体温を低下させていくことができるとのこと。

それによって睡眠にもスムーズに入ることができ、その後の熟睡効果も高まるということになります。

グリシンは余波睡眠に早く入れる効果があり、それによって余波睡眠の時間が長くなるという臨床実験の結果も報告されています。そして多プリ余波睡眠を取ると睡眠のリズムも整うのです。

つまり夜中に起きてしまったり、朝方起きてしまうということもなくなるのです。夜中トイレがしたくて目覚めてしまうと思っている人もいますが、実は目覚めるからトイレがしたくなるのであって熟睡できていないのです。

そしてグリシンを摂取することで、しっかりした睡眠が取れるようになると代謝が高まり、昼間はすっきりとして活動的になり、それが次の日の睡眠にもつながるという良い循環になっていくのです。

熟眠障害の治療薬の副作用について

熟眠障害の治療薬としては睡眠薬が処方されることがほとんどです。特に代表的な睡眠薬がベンゾジアゼピン系のものが使用されています。

バルビタール酸系は以前使われていましたが、使用方法を間違えると副作用が危険だということがあり、また精神的にも肉体的にも依存性があるということから最近はあまり使われていません。

また非バルビタール酸系は、バルビタール酸系の悪いところを改善したもので、睡眠作用は弱くなり気分の高揚が副作用にあるため、バルビタールよりも依存性が高いと言われています。

そのため今はこちらも使用は減ってきています。このような治療薬の変遷があり、



のものが副作用も少ないことから、ほとんどこのタイプが使用されるようになっています。

ベンゾジアゼピン系のものは、もともと



しかし睡眠作用が強いということから睡眠薬として使われています。つまり逆に不安を取りのぞくために飲む場合は、副作用が睡眠作用ということになるわけです。

この薬の良いところは睡眠薬でありながら、精神的な安定も得ることができます

また耐性が出にくいので数カ月同じ量を飲み続けても、特に問題がなく量を増やさなければ効かなくなることもありません。

そして服用を突然やめたとしても特に禁断症状が出ることもありません。また副作用も少なく毒性も低いので安全して摂取することができます。

また入眠障害でも、中途覚せいでも、熟睡障害でも、早朝覚醒でも、どのタイプの睡眠障害に効くところも人気の理由となります。

逆に副作用としては筋肉の弛緩があります。特に朝起きたときに脱力感が残ることがあったり、朝起きてすぐの自転車や車の運転は注意が必要になります。

またアルコールと同時摂取することによって依存や耐性が出やすくなるという副作用があります。

これらは自分が注意すればあまりトラブルになるものではないので、摂取法などの意識があれば副作用はあまり不安なものではありません。

また非ベンゾジアゼピン系のものも、ベンゾジアゼピン系と似た効果がありますが、導入に向いているので導入剤として使われます。副作用はめまい、吐き気、食欲不振に注意が必要です。

熟眠障害のサプリメントについて

熟眠障害には睡眠薬を飲む方法もありますが、やはり



という人も多いはず。そこでサプリメントで効果を感じたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そのため熟眠障害のためのサプリメントについて考えてみましょう。

朝までぐっすり眠れるサプリにはさまざまな種類があります。その中でも人気のある成分についてご紹介しましょう。

またいろいろな種類のものがあるので、自分にとって相性の良いものもあります。自分に合うものを探すことも大切ではないでしょうか。

まずセロトニンホルモンの分泌は良質な睡眠にはとても重要ですが、そのためセロトニンの分泌を促進させてくれるバコナイズというハーブが人気です。

 


バコナイズはゴマノハグサ科のバコパ・モンニエリというハーブから抽出した成分で、インド・アーユルヴェーダーでも使われています。他にもゼンブリン、ラフマ、バレリアン、天然ノニなども良いとのこと。

またアスパラガスから抽出された休息成分誘発物質が発見されていますが、ストレスを解消して速やかに良い睡眠に入ることができるというものです。

ストレスと不眠症

またモリンダシトフォリアや沖縄伝統のクワンソウなども効果があると言われています。

またアミノ酸のグリシンやギャバ、トリプトファン、オルニチンはセロトニンの分泌を促進さえ、高い効果が期待できるとのこと。

このようにさまざまな成分が単独、あるいはいろいろな種類の配合によってサプリが作られています。

サプリの場合は睡眠薬のように即効性はなく、今すぐに飲んだら眠れるというものではありません

毎日摂取することで、体内の調整ができるようになるというもので、最低でも1カ月は飲み続けて効果の一部でも感じられたら3カ月は続けるようにしましょう。

またサプリを飲むだけでなく、栄養のバランスの取れた食事や、生活リズムを整えることも重要です。

不眠症解消に適した食べ物

毎日サプリを摂取していても、暴飲暴食の上、睡眠時間はバラバラなんてことでは改善はなかなかできません。やはり規則正しい生活を送る努力も大切になります。

熟眠障害の対策と解消法

熟眠障害の対策と解消法を考えるときに、まず熟眠障害の原因を考える必要があります。熟眠障害の原因から対策と解消法を考えていきましょう。

熟眠障害の原因は大きく分けて2つあり、体内時計の乱れセロトニンの減少と言えそうです。この2つから対策と解消法を引きだしてみましょう。

体内時計が乱れてしまったことが原因で熟眠障害が起こることもありますが、例えば前日たっぷり寝過ぎてしまったということも1つです。

多岐にわたる不眠症の原因

ここから対策としては寝過ぎも体内時計を乱してしまうため、寝過ぎにも注意しましょう。しかし寝過ぎになるにはその前に寝不足であることが多く、規則正しい生活が鍵となります。

不規則な生活をすると睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまうことになり、熟睡が難しくなると言われているのです。



ことが解消法となります。

さて、セロトニンというとドーパミンやノルアドレチリンなどと同じ三大神経伝達物質と言われるもので、またの名を幸せホルモンと言われています。

つまりこれらは心を安定させ、前向きな考え方を持つことができ、幸せ感を感じることができる大切なホルモンです。

このセロトニンという脳内物質が減少することで睡眠ホルモンのメラトニンの減少につながります。

うつ病の人にはセロトニンがなくなっている人が多いと言われています。しかし最近はこのセロトニンの前駆体を脳に送るのは、腸内細菌であることが解明されたのです。

うつ病との深い関係

つまりセロトニンを産生するためには腸内環境も大きく影響していると言われているのです。

つまり腸内環境の改善もセロトニンの産生効果があり、メラトニンの分泌増加に関係すると言えるのです。

そしてセロトニンを増やすため、脳内物質であるトリプトファンは食品のタンパク質に含まれており、体内に吸収され脳に運ばれセロトニンに変化します。

このセロトニンこそメラトニンに変わり睡眠を守ってくれるのです。つまりトリプトファンの摂取や乳酸菌の摂取は、熟眠障害の解消法として重要だということになります。

トリプトファンは1日500mg~600mgの摂取が好ましいとのこと。乳酸菌はヨーグルトなら100㏄と言われています。


熟眠障害とは

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)