早朝覚醒の治療法

早朝覚醒を治療するための方法として、さまざまな方法があります。まず病院に行って薬の処方を行う方法があります。

不眠症と病院

多くの場合睡眠薬を摂取することになりますが、早朝覚醒という場合は中間作用型や長時間作用型のものが処方されます。そのため副作用も注意が必要となります。

また入眠障害や熟睡障害などよりは楽だという点からも、睡眠薬をできるだけ使わないという人も多いようです。

入眠障害

そこでサプリを利用して治療する場合もあります。特にメラトニンが減少することから起こることが多いので、



ことも早朝覚醒の治療法としておすすめです。

トリプトファンを摂取することでセロトニンを作り出し、そのときに同時に産生されるメラトニンを増やすという流れになります。

メラトニンは睡眠ホルモンなので、多くなればしっかり睡眠が取れるようになるというわけです。

ただしそれだけではなく、やはり毎日体を動かすようにして、ある程度疲労を与えないと深い睡眠はとりにくくなります

また体内時計が狂っていることもあるので、それを改善するには自分で努力をすることも必要になります。早寝も早朝覚醒の原因にもなります。

多岐にわたる不眠症の原因

自己努力がとても大切になる睡眠障害だと言えそうです。また漢方薬を使って精神的なイライラを取ることで、セロトニンの分泌を増やすという方法もあります。

他にもセロトニンの前駆体が腸内に70%近く集まっているので、腸内環境をしっかり整えるということも早朝覚醒の治療法の1つとして取り入れる場合もあります。

最近はうつ病も腸内環境がコントロールしているということも解明されているほどです。このようにさまざまな早朝覚醒の治療法がありますが、



早朝覚醒の場合はすぐに睡眠薬を利用するのではなく、他の治療法を試してみることもいいのではないでしょうか。

うつ病との深い関係

そして運動や体内時計のコントロールなどは、自分の努力も大切だということになります。

早朝覚醒と睡眠薬

早朝覚醒の場合に利用する睡眠薬は、タイプとしては中間作用型長時間作用型のどちらかが利用されます。

やはり睡眠薬を飲んでからトラブルが起こるまでにとても時間が掛かるので、どうしても長時間対応の睡眠薬でないと不向きということになるのです。

現在新薬が出ているのはほとんど短時間作用型の睡眠薬で、中間作用型や長時間作用型の睡眠薬は10年ほど前から使用されているものがほとんどです。

とはいっても短時間作用型のものでは早朝覚醒には効果がないので、やはり少々副作用が強くても古いタイプの薬を使うようにしましょう。

中間作用型では薬剤名フルニトラゼパム系は到達時間に1~2時間、消失半減時間は7~15時間となります。

またニトラゼパム系は到達時間が2時間、消失半減時間は21~25時間です。また長時間作用型の場合、クアゼパム系は到着時間が3~4時間、消失半減時間が37時間です。

またフルラゼパム系は到着時間が1~8時間、消失半減時間は65時間、ハロキサゾラム系は到着時間が2~4時間、消失半減時間は42時間となっています。


ほとんどの



ことが多く、その理由は睡眠作用が強い上、筋弛緩作用が弱いという特徴からです。筋弛緩作用が強いと朝起きたときに立ち上がることができず、転んでしまうこともあります。

それによって老人などは特に強い怪我をすることもあるため、注意しなければなりません。それによって寝た切りになってしまったりする高齢者もいるので注意しましょう。

早朝覚醒の市販の薬について

いわゆる睡眠薬というものはドラッグや薬屋、それに通販でも販売されていません。市販でも販売されているのは睡眠改善薬というものです。

しかしいくつかある中で、ほとんどその成分は同じようなものとなっています。その理由は市販で使える薬として種類に制限があるからです。

そしてどれも大体5~9時間は効果があり、早朝覚醒にも役立つと言えるでしょう。

しかし睡眠改善薬は一過性の症状には向きますが、慢性の睡眠障害にはおすすめ出来ない理由があります。

例えば明日大切な会議がある、旅行があるなど、ここ一番しっかり眠っておきたいときに使うことがおすすめです。

しかしもともと早朝覚醒をはじめとする睡眠障害は、眠れないことが原因となってまた症状が悪化するという悪循環を招きやすい病気なので、自分で市販の薬を使って治そうとすると、



そのため睡眠障害はきちんと医師に相談し、その上で処方されたものを使う方がいいのではないでしょうか。

しかし市販の薬として、サプリ系のものは逆におすすめです。睡眠障害はセロトニンの不足が招いているとも言われています。

そのためセロトニンの補給を目的としたサプリも人気があります。他にも漢方薬などもゆるやかな効果があり、睡眠障害を体質から変えていくためにも市販でも購入することができます。

サプリメントで不眠症改善

このように市販で購入できる薬の中には睡眠改善薬だけでなく、いろいろなものがあるのでまず試してみるのもいいのではないでしょうか。しかし悪化するようなら早く病院に相談に行きましょう。

不眠症で市販の薬を服用

早朝覚醒を漢方で改善する

早朝覚醒を漢方で改善することも考えてみましょう。やはり早く起きてしまう辛さがあっても、睡眠薬の常習性や副作用を考えると、どうしても使いたくないと考える人もいます。

そんな人は漢方で改善するという方法も選択できるのではないでしょうか。睡眠薬の減量や離脱を考えている人にも漢方は強い味方となるはずです。

漢方的に考えると不眠は体の中の気と水と血のバランスが悪いと考えられます。また鬱的な状態や不安、憔悴などを除去して、気、血、水のバランスを整えることによって不眠を治します。

不眠症と心の不安

まず実証に関しては三黄瀉心湯黄連解毒湯女神散などで肝を鎮めてイライラした気持ちを抑えるといいでしょう。そして虚証に関しては抑肝散抑肝散加陳皮半夏酸棗仁湯がおすすめです。

また虚実に関係なく加味逍遙散も効果があります。実証と虚証とは漢方における体質のことで、実証は体質が強壮なタイプ、虚証は体質虚弱タイプとなります。

実証の人は筋肉質のがっちりとした体格であり栄養状態が良く、声にも張りがあり肌のツヤもいいタイプのことです。

また虚証の場合は実証とは逆で栄養状態があまり良くなく、声にも張りがないタイプのことを言います。

また気鬱を伴うときには実証では厚朴、蘇葉が含まれる半夏厚朴湯、虚証では香附子、蘇葉、陳皮が含まれる香蘇散などが用いられることが多いようです。

ただし漢方薬はその人の細かい体質や症状の情報によって、その人にあった漢方薬を漢方医や漢方薬剤師によってブレンドしてもらうこともできます

それぞれ人の体質は違うので、しっかり漢方薬で改善したいなら、そのような方法で



しかしそれでは料金も高くなるので、大まかな分類に分けて幾つかの生薬がブレンドしてある漢方薬を利用するのもいいのではないでしょうか。

また病院の医師による薬と併用して飲む場合は、一応医師に相談しましょう。今の薬との相性が悪いものもあるので、その辺は注意しなければなりません

前回と違う症状。イライラ

早朝覚醒のためのサプリメントについて

早朝覚醒は早く起きすぎてしまい、それが昼間の眠気につながると辛いものがあります。

しかし入眠障害や中途覚醒、熟眠障害などと比べると比較的楽な睡眠障害とも言えるため、わざわざ睡眠薬を飲むことなく、サプリメントと生活リズムで改善できる方法も考えてみてもいいのではないでしょうか。

中途覚醒

熟眠障害

また多くの早朝覚醒の場合、加齢によるものがほとんどです。

赤ちゃんより小学生、小学生より20代、20代より60代と睡眠が短くなるのは、ある意味それほど問題ではないのです。

その上、年齢が高くなるほど早く寝るようになる場合が多いため、どうしても朝は早くなるというのも自然のことです。

ただし、うつ病や睡眠時無呼吸症候群などの疾患がある場合は医師に相談すべきですが、自然に睡眠時間が落ちてくる場合は、睡眠ホルモンの分泌の低下にも関係があると言われています。

もちろん加齢による場合が多いわけですが、そんなときには



のではないでしょうか。

血液中のメラトニン濃度(睡眠ホルモン)は3歳がピークとなり17~18歳まで、約1/3に激減します。そこから50歳ぐらいまでに半減します。

そこから70歳までにまた半減するというメラトニンの低下が見られるのです。

特にピークから10代に極端に落ちるときには、逆にとても自然に受け入れられるわけですが、50歳から70歳までの半減は睡眠障害が起こりやすくなります

そのためこのメラトニンを増やしてあげるようにすると、早朝覚醒はある程度改善されるはずです。

メラトニントリプトファンという必須アミノ酸によって脳内で作られるものなので、そのためにはトリプトファンのサプリメントはとても効果があると言えるのです。

ただし、それでもやはり年齢と自然のメラトニンの減少を考慮に入れて、やはり生活リズムのコントロールは欠かせないのではないでしょうか。

少し就寝を遅くしたり、朝早めにおきて生活を始めるリズムなどを自分で作っていくことも大切になりそうです。

 
トリプトファン3060mgの休息サポートサプリ「グッドナイト27000」 

 

 

早朝覚醒の改善方法

早朝覚醒の改善方法はどのようなものがあるのか、まずその改善策を考えてみましょう。

最初に、もしうつ病が絡んでいなければ、そんなに重大は障害ではないことを知ることも大切です。簡単に治るのだということを意識することが改善法の第一歩です。

そして実際に治し方も自分のちょっとした努力がとても重要になります。

例えば毎日、運動を意識的に行ったり、眠る時間を少し遅らすようなコントロールも必要になります。

やはり寝たい時に寝て、運動もせずに自分の思うままに生活をしていると、早朝覚醒は起こりやすくなるのも当然かも知れません。

その上でサプリなどを摂取することもお勧めです。睡眠薬は早朝覚醒の改善策であっても治すことはできません。しかしサプリと合わせて自分の努力によって確実に治ってくるので、



また早朝覚醒の場合、早く起きてしまうだけなら、その時間を有効に使えばいいわけですが、昼間とても眠くなることがあります。

そんなときにはできるだけ眠らないようにしましょう。昼間に寝てしまうと、早朝障害のある人は朝また早く目が覚めてしまうという悪循環になってしまいます

もう悪循環に陥っている場合もあるかも知れません。そんなときには悪循環をとにかく切ることが重要です。

まず夕方に煌々と明るい電気を早めに付けておくと、体はまだ睡眠の準備に入りません。例えば入眠障害がある場合は、逆に寝る数時間前から薄暗い部屋にしておくと良いと言われています。

それと同じで、夕方に明るい状態でいると、体はまだ寝る時間でないと錯覚して寝る時間を遅らせることができます。まず早朝覚醒の場合は、寝る時間を遅らせることはとても重要なことなのです。

そして体を少し疲れさせるためには有酸素運動がおすすめです。ウオーキングなどは手軽にすぐ始められます。

またあまり運動をしていなかった人にとっては、散歩的なウオーキングから始めることで続けやすいのではないでしょうか。やはり毎日のことなので続けることが重要になります。

早朝覚醒の改善は運動と日光がポイント

早朝覚醒は特に、その人にとって睡眠時間が長いと起こりやすくなります

特に加齢によって睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が減ることから、睡眠時間が短くなることも分かっています。無理に睡眠時間を伸すこともないかもしれません。

そこで早朝覚醒を改善するための方法として基本的には



になります。まず朝は強い日光に浴びないことが必要です。

起きて2~3時間は強い日光を避けるようにしましょう。特に日光を受けると体内時計がセットされてしまうので、ますます早朝覚醒が治らなくなります。

これは日光だけでなく電灯などの強い光も同じことが言えます。例えば5時に日光や電灯に当たると、体内時計は5時起床とセットします。

もし7時に当るようにすれば7時とセットされます。そのため強い光を避けることが大切です。もし目が覚めても厚手のカーテンなどで光を遮るようにしましょう。

そしてもう一つは夕方の夕日をしっかり浴びるようにしましょう。朝の日光を浴びないことと、夕方しっかり浴びることをセットで行うとより効果が高くなります。

夕方になっても実際の時間より、まだ昼間であるという錯覚を体が感じられることで、夜寝る時間を遅らせることができるのです。

そしてあとは運動です。積極的に運動をすることで日中の活動量を増やします。過労が溜まるような無理な運動はできません。

不眠症解消に運動が効果的

疲労は少ないほど、体はあまり睡眠を取る必要はないと判断して浅い眠りになると言われています。

そのため筋肉を使ったりと体に少し負担のある運動をすることで、体は深い睡眠が必要だと感じるようになります。それによって睡眠リズムも整うようになるのです。

運動をすると早く眠くなるから、また朝早く起きてしまうと考える人もいますが、実際にはしっかり睡眠を取ろうとする免疫システムからの指令が脳に届くのです。

しかし過度な運動は逆効果もあるので、ほどよい運動がいいでしょう。運動は代謝も高め、それによってホルモン分泌もスムーズに起こるため、睡眠ホルモンの分泌のためにも必要なことなのです。

 

早朝覚醒とは

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)