中途覚醒の治療薬

中途覚醒の治療薬として使われているのが睡眠薬です。しかし睡眠薬は中途覚醒の根本治療をするものではありません

しかし睡眠薬の手助けを利用することも必要なときもあります。特に中途覚醒に有効な睡眠薬は短時間作用型中間作用型の睡眠薬と言われています。

薬がどのぐらい効いているのかということはとても重要なことなのです。特にその人が



中途睡眠の場合は寝てから5~6時間効果のある短時間作用型でちょうどいい人と、もう少し長目の中間作用型があっている人がいます。

特に早朝覚醒に近いタイプは中間~長時間作用型の睡眠薬でないと効果はありません。

エチゾラム系の薬抗不安作用が強いタイプで、不安感や心配性などが強い場合はお勧めです。効果が表れるまで30分程度なので入眠障害にも向いています。

リルマザホン系の薬最高血中濃度に達する時間は3時間です。中途覚醒には向いており、睡眠作用は弱いものなので軽い中途覚醒の人に向いています。

またブロチゾラム系の薬飲んで30分程度で効果があるので入眠障害の人にも向いています。睡眠作用はあまり強くないかわりに、翌朝にはすっきり睡眠作用が切れています。

ロルメタゼパム系の薬筋弛緩作用が弱いので高齢者に向いています。また薬の構造が単純なので肝臓や腎臓の障害のある人も使えるタイプの薬です。

またフルトニトラゼパム系の薬睡眠作用がとても強いタイプで中途覚醒だけでなく早朝覚醒にも使われているもので、汎用性が強いタイプの薬ですが抗不安作用も強く精神の安定が期待されます。

しかし長期服用は耐性ができるので効果が弱くなってしまうので注意が必要です。筋弛緩作用が強いので高齢者は向きません。強い中途覚醒の場合に使われるタイプの薬です。

ニトラゼパム系の薬は40年以上前から使われている中間作用型睡眠薬となります。睡眠効果はそんなに強いタイプではありません。

高齢者などは効果が効きすぎることもあるので、意識的に弱い薬を使うときにこの薬を使うことがあります。

マイスリーの中途覚醒における効果

マイスリーの中途覚醒における効果は摂取して30分ぐらいで、すぐに効果が表れるタイプの薬です。

同じようなものにハルシオンがありますが、最近はマイスリーの方を使う医師が多くなっています。

特に入眠障害の人にはとても効果があると言われているマイスリーですが、ハルシオンとの違いとして



だということがあります。

入眠障害

つまり人間本来の睡眠パターンを薬によって崩さないため、ハルシオンより使われるようになったのです。

また睡眠薬の服用をやめても、副作用として起こる反跳性不眠になることもなく、気軽に使いやすいという点でも人気があります。

しかしマイスリーも短時間で効果が出るものの、その効果時間も短いタイプなのです。そのため中途覚醒や早朝覚醒にはあまり効果がないと言われています。

病院では中途覚醒の場合、睡眠効果が5時間以上の薬が処方されるようになります。特に早朝覚醒もかかわっている人の場合は、7~9時間効果のある薬を処方されることが多いようです。

不眠症と病院

このようにどんなに睡眠効果があり副作用が少ないという良い薬でも、作用の耐久時間によってその人の覚醒障害に合わなければ、使っても意味がないということになってしまいます。

もし処方された薬がマイスリーで、



と感じたら、すぐに医師に相談しましょう。医師も手探りでその人にあった薬を処方しています。

特に最初のうちはその人にあう薬を1発で処方されるとは限りません。そのため薬の不満は正直にすぐ先生に伝えるようにしましょう。

中途覚醒に効かない睡眠薬

中途覚醒の人は、睡眠薬があまり効かないという口コミなどを見たことはないでしょうか。

中途覚醒は1度寝付いた後に目が覚めるというものですが、1度目が覚めるとなかなか寝付けない人や、目が覚めるけどすぐにまた眠れるが何回も目がさめるという症状などいろいろあります。

その症状によって医師もそれにあった睡眠薬を処方するわけです。しかし軽いタイプなら軽い薬を処方されます。

しかし実際に使用してみると軽すぎて効果がなかったということなど、何回か試していくうちに自分にあった薬の処方となる場合もあります。

また市販の睡眠薬の場合は、睡眠改善薬ということになりますが、なかなか人によって効果がないという場合もあるようです。

不眠症で市販の薬を服用

人によっていろいろなタイプがあるため、睡眠薬が自分にあった物でなければ効かないと感じることもあります

中途覚醒は眠りが浅いために起こるものですが、睡眠薬だけでなくサプリなどで良い睡眠が期待できることも多くあります。

睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌するため、トリプトファンなどを摂取するサプリや、他にも睡眠を改善するサプリがいろいろ出まわっています。

中途覚醒の場合、ひどい場合は睡眠薬の手助けとしてもサプリを使う場合もあります。そして毎日適度な運動をするようにして、良い睡眠をするための生活改善を考えてみるのも大切です。

不眠症解消に運動が効果的

どうしても眠れない入眠障害などとは違い、軽い中途覚醒は睡眠が浅いということなので、

中途覚醒のための市販の睡眠薬について

中途覚醒の人のための市販の睡眠薬はあるのでしょうか。まず睡眠薬は医師の処方がないと使用できず、市販で売られているのは睡眠改善薬という呼び方になります。

市販薬に使われる薬は主に3つに分れています。

1つはジフェンヒドラミン塩酸塩系睡眠改善薬で、よく風邪薬の副作用に眠気がありまが、この眠気の正体がジフェンヒドラミン塩酸塩です。

この成分は脳の覚醒の維持、コントロールなどを司るヒスタミンを制御する効果があります。そのため眠気を起こすというもので抗ヒスタミン製剤が主成分となっています。

もう一つのタイプはプロムワレリン尿素・アリルイソブロビルアセチル尿素系の睡眠改善薬です。緊張、イラツキ、不安などを抑える、いわゆる抗不安作用がある成分となっています。

こちらも風邪薬や解熱鎮痛剤にも含まれているものが多く、精神的な要因による中途覚醒には有効です。

もう一つは漢方薬や生薬です。漢方薬や生薬には睡眠作用や、抗不安作用がある種類のものもあります。

ポップ、チョウトコウ、サイコ、カンゾウ、カギカズラ、サンソウニンなどが代表的なものです。

あとはサプリ類も、中途睡眠の改善にとても効果の高いものも出まわっています。自分の症状や原因にあっているものを選ぶといいのではないでしょうか。

多岐にわたる不眠症の原因

ただし中途睡眠の改善のために市販の睡眠改善薬を使用していても、なかなか良くならず、使い続ける毎日であれば、1度病院で医師による治療を受けた方が良い場合もあります

不眠症と心の不安

中途覚醒を漢方治療で治す

中途覚醒を漢方治療で治すということを考えてみましょう。漢方は不眠の原因やストレスを緩和していきますが、一般の睡眠薬のように即効果があるものではなく、だんだん効果が出てくるものなので、



です。そして自分に合う合わないというものもあるため、いくつか試してみるといいでしょう。

また市販の漢方薬は、ある程度自分の体質や症状に合ったものを選ぶようになっています。もともと幾つかの漢方薬がブレンドされているので手軽に飲むことができます。

しかしもっと自分の体質に合ったものをと思った場合は、漢方専門の薬局などで、自分に合った漢方薬をブレンドしてもらうことができます

そしてその効果によって少しずつブレンドを変えていくことで、そのときの状態に合わせた漢方薬が摂取できます。つまり自分だけの漢方薬による漢方治療を行うことができるのです。

また最近はブレンドされているものや、単独の漢方薬を病院でも処方してくれる場合もあります。睡眠薬を処方するだけでなく、漢方治療も取り入れている病院もあるのです。

薬剤と漢方薬の良い所を上手に利用するという考え方の医師も増えているとのこと。やはり睡眠薬は改善薬ではないので、体質から変えるために漢方治療も取れ入れるというわけです。

漢方治療だけで改善される人もいますがすぐに結果が出ないので、ひどいときには睡眠薬と並行して摂取することもおすすめです。また漢方だけでなくハーブなども高い効果のあるものがあります。

中途覚醒に良く効く漢方薬

中途覚醒の原因には枕や布団などの寝具の問題や、睡眠中寝室で聞こえる騒音や明るさなどの環境に問題がある場合も。またアルコールやカフェインなどの摂取問題もあります。

しかしこれらは自分で注意すればできることではないでしょうか。しかし体質と精神的なストレスに関しては、なかなか自分では改善することが難しいこととも言えます。

そこで体質改善やストレスに対して、効果が期待できるのが漢方薬なのです。

中途覚醒を改善するにはまず脳の興奮を抑えることが大切になります。そのためには半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などがおすすめです。

また精神的なストレスがあるときには、リラックス効果の高い酸棗仁湯(さんそうにんとう)も是非使用したい漢方薬です。

ストレスと不眠症

睡眠薬ほど効果はてきめんではないものの、副作用の面でもほとんど心配はなく、昼間ボーッとすることもありません。体質を改善することで繰り返すことがなくなります。

また中途覚醒には特に眠りを深める加味帰脾湯(かみきひとう)がおすすめです。特に体質虚弱、肩こりがある人や疲れやすく、ホルモンバランスの悪いタイプには是非おすすめの漢方薬となります。

逆に体力があり上半身が暑くなりやすい人には柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)がおすすめです。

他にも精神が高ぶりやすい人には抑肝散陳皮半夏(よくかんさんちんぴはんげ)が使われます。特にイライラしている人や怒りっぽい人には最適な漢方薬とも言われています。

前回と違う症状。イライラ

虚弱体質や血行の悪い人に効果があり、体力が弱く繊細で貧血症状がある人にピッタリ。体を温める効果のある八味地黄丸(はちみじおうがん)も中途覚醒改善のために効果が期待できます。

特に疲労感、倦怠感が強い人で喉が渇きやすい人におすすめです。下半身が冷えやすい人や頻尿などにも効果があります。

中途覚醒はトイレで起きるのとは違いますが、トイレが近いことから中途覚醒になることもあるので注意しましょう

中途覚醒サプリ・注目のグリシン

中途覚醒もまた、実際に自分がなってみるととても辛いものがあります。

しかしできれば睡眠薬に頼りたくない、自力でどうにか治したいという人にも人気があるのがサプリメントです。中途覚醒に効果のあるサプリについて考えてみましょう。

ご存じのとおり中途覚醒とは夜中に何回も目が覚めてしまう。そして覚めてしまうとなかなか寝付けない。

こんなことの繰り返しで、熟睡感がまったくないという人もたくさんいます。そんな人たちの間で



グリシンとは必須アミノ酸の一つなので、体内で生成することのできないタンパク質ということになります。

そのためどうしても食事やサプリなどからの摂取しかないものなのです。特にコラーゲンを構成するアミノ酸の約3割がグリシンと言われています。

サプリメントで不眠症改善

このグリシンとは神経伝達物質の一つで、神経細胞の興奮や抑制などを他の神経細胞に伝達していく役割がある物質なのです。

神経伝達物質というとドーパミンなどがありますが、これは快感を増幅させる物質です。

遠足の前の日などは眠れないこともありますが、このように嬉しいことがあっても興奮してしまうと眠ることができなくなります。

そういう意味では強い快感を抑えたり、ストレスを和らげるための物質にセロトニンなどがあります。

このように神経伝達物質には興奮させるタイプと、興奮を抑えるタイプがあるわけですが、良い睡眠のためには



となります。そういう意味でもこのグリシンという非必須アミノ酸がおすすめなのです。このグリシンはアミノ酸の研究中に偶然、睡眠改善効果があるということが見つかったものなのです。

そしてグリシンはコラーゲンの3割近くを占めるということで、体内でのコラーゲン生成の促進にもなり、肌のツヤやハリにも高い効果が期待できるということになるのです。

しっかり眠ることができるだけでも、肌は生き生きしてきますが、それプラスコラーゲンの増加によって女性なら女性度アップということになりそうです。


中途覚醒とは

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)