中途覚醒の治し方

中途覚醒の治し方としては、まず食事による改善法があります。中途覚醒は眠りの浅いときに起こります。

不眠症解消に適した食べ物

そのため眠りの質を高めるためにセロトニンが必要になりますが、セロトニンの前駆体は腸内に存在しています。

そこで胃から入ったトリプトファンとセロトニンの前駆体が腸内で合体すると脳内にセロトニンが分泌され、そこから



されます。それによって質の良い睡眠ができるわけです。

つまりセロトニンを作るために必要なトリプトファン、ビタミンB6、タンパク質の3つは重要となります。

これらが多く含まれている食品を意識的に摂取するようにしましょう。トリプトファンは豆乳、牛乳、バナナ、アーモンドなど。

ビタミンB6はマグロ、カツオ、レバーなど。そしてタンパク質は肉類、魚類、豆類などがあります。

次に自律神経を安定させるようにしましょう。そのために必要なことは



です。軽い疲れが良い睡眠をもたらしてくれます。また老化による中途覚醒の場合は、少し運動をして疲れを感じると、成長ホルモンの分泌を促すこともできるのでおすすめです。

また食後に軽いストレッチやウオーキングなどを行うとより良い睡眠となります。

そして自律神経の安定のためには入浴もおすすめです。シャワーでも疲れやストレスを取ることができると言われていますが、特に入浴で心身ともにゆっくりすることは、自律神経を安定させる効果が高いと言われています。アロマ風呂などもいいのではないでしょうか。

ストレスと不眠症

次にセロトニンの分泌を促すためには朝日が重要です。太陽の光を浴びるとセロトニンの分泌が活発になります。

特に体内時計が狂っている場合もあるので、体内時計を改善するためにも毎朝日光を浴びるようにしましょう

他にも寝室の環境も騒音、換気、温度、明かりなどを見直したり、良い睡眠のためのサプリなども考えてみてはいかがでしょう。自力でも軽いうちなら改善することもできるのではないでしょうか。

中途覚醒の治療方法

中途覚醒の医師による治療方法は、まず睡眠薬の処方が多いようです。睡眠薬は中途覚醒を改善するための薬ではありません

しかし毎日の眠りの障害をとりあえずなくすことができます。症状を抑えることでその間に原因を解消する治療をすることで中途覚醒も上手に治すことができます。

多岐にわたる不眠症の原因

しかし多くの人はまず薬物療法で不安を持っているのは、副作用があるのではないかということがあります。また一生飲み続けるようになってしまうのではないかということ。

また、だんだん効果が薄くなり強い薬に移行していくことになるのではないかなど、多くの人が不安を持っているようです。

不眠症と心の不安

確かに以前使われていた睡眠薬は、飲み過ぎることで命にもかかわる副作用があるものもありました。

これらはバルビツール酸系の薬であり、今現在は主にベンゾジアゼピン系のものが使われているため薬のタイプがまったく違っています。

以前使われていたバルビツール酸系の薬は脳の働きを低下させる麻薬薬の1つなので、薬を使うとボーッとした状態になってしまうこともあります。

しかしベンゾジアゼピン系の薬は感情を安定させて覚醒中枢を刺激せずに、睡眠中枢の働きを強くするものです。

医師による主な治療法は薬物治療となり、その他にもサプリや漢方との組み合わせなどもあります。

特に薬物治療は今まで睡眠薬の他に抗不安剤や精神安定剤が別に処方されていましたが、現在はベンゾジアゼピン系の睡眠薬を使っているので、抗不安作用、筋弛緩作用、そして睡眠作用



ため特に別に薬を処方しないことも多くなっています。

不安定なのか不安なのか



鬱病を同時に発症している場合は安定剤などの処方がプラスされることもあるようですが、軽い症状ならまず睡眠薬だけで治療を行うことが多いとのこと。

しかし薬物療法をしているときには注意しなければならないこともあります。

特に睡眠障害を持っている人はお酒を飲んでから寝るという習慣のある人も多くいますが、薬物を使用するときにはお酒は注意が必要になります。

アルコールは睡眠薬の作用が弱くなったり逆に異常に強く効いてしまったり、その上副作用が強く出てしまうという最悪なことになりかねません。

睡眠薬の作用時間が長く作用してしまい次の日もボーッとして危険なことも。

もちろん効果がとても弱くなってしまうこともあり、副作用として呼吸抑制などが起こってしまうこともあるので注意が必要となります。

中途覚醒改善法

中途覚醒の改善法について考えてみましょう。まず市販の睡眠改善薬を使うという方法がありますが、これは改善というより症状を抑えるだけなので、とてもつらいときに使用するという応急処置として利用するといいでしょう。

不眠症で市販の薬を服用

また医師による薬物治療があります。この場合は睡眠薬による対処をしますが、睡眠薬をやめれば症状は戻ります。

そのため、漢方やサプリ、カウンセリングなどを組み合わせて治療することで改善していくという方法もあります。

また自分で改善するためには、原因と見られるものを排除していくという方法も。

例えば煙草をやめる、セロトニンを増やすためのトリプトファンや、必要なビタミンなどの多く含まれている食品を意識的に摂ることなどもあります。

またお酒を控えたり、できるだけ改善されるまでは避けるようにしたりすることも対策の1つです。

ストレス解消も重要なことなので、例えば目の前にあるストレスの原因を解消することができれば解消してしまいましょう。しかしストレスの原因は自分の力で解消できるものばかりではないので、



です。そのためにはゆっくりと心身を休めることを考えましょう。たまに旅行などに行くのも1つです。また好きな趣味を作り、そのための時間を増やすのもおすすめです。

またお風呂にアロマエキスをたらし、毎日アロマブロでのんびりする時間をつくるのもいいかも知れません。

他にも睡眠に入るときに2時間程度前から電気を暗めにしておき、交感神経を静めるようにします。

睡眠障害は副交感神経と交感神経の乱れが原因になっていることが多いので、このようなことを行うことで中途覚醒が改善されるとも言われています。

また睡眠ホルモンであるトリプトファンを作るには、セロトニンが必要であり、そのためにはトリプトファンが必要ですが、なかなか食品から摂れないという人は



といいでしょう。ただし、トリプトファンだけではセロトニンは作れません。特に腸内にセロトニンの前駆体があり、それと合体することでセロトニンになります。

そのため腸内環境を整えることも重要となります。他にもさまざまな睡眠のためのサプリが出ています。自分にあったものを探すのも1つの改善方法ではないでしょうか。

中途覚醒の改善には早寝早起き

中途覚醒の改善のためには、生活リズムを体に覚えさせることが大切です。多くの場合、生活リズムを体が分からない状態になっていることが多いようです。

そういう意味からも早寝早起きがおすすめです。もちろん6時、7時に寝ることではありません。そんなことをしたら正常な人でも夜中に目が覚めてしまうでしょう。

また夜中に目が覚めるのが怖いので、夜中まで起きていて夜中の2時3時になってから寝るという人もいます。しかしこれも、もちろん中途覚醒を改善することはできません。改善するどころか、ますます改善できなくなってしまいます。

中途覚醒の人の場合、早めに寝て早めに起きるということが改善のためにはおすすめです。

そして少し早めに起きてしっかり日光に当たるようにし、そして体に朝の時間をしっかり覚えさせるようにしましょう。

そしてできるだけ昼寝をしたいと思っても我慢できれば我慢するようにします。どうしても眠くて辛いときには15分から30分程度昼寝をし、



また早寝と言っても、眠くないのに早く布団の中に入って、一生懸命寝ようと努力することではありません。そんなことをしていると今度は入眠障害が起こってしまいます。

実は交感神経の興奮を静めるのは、意外と時間がかかるものなのです。そこで早めに電気を薄暗い状態に落し、本を読んだり静かな音楽を聞いたりするといいでしょう。

そうしているうちにだんだん交感神経の興奮が静まり、自然に睡眠に入りやすくなります。

そうしてゆったりとした入眠によって、そのまま中途覚醒の改善にも期待ができます

その代り普段より少し早く目覚めたら、入浴をしたり散歩をするなど体にしっかり朝だということを教え込むようにします。

そうすることで、また夜早めにスムーズに入眠していくことができると、自然に睡眠が深くなり中途睡眠が改善されることにもつながります

このように早寝早起きを基本に、生活リズムを付けていくようにしましょう。

中途覚醒の改善方法

中途覚醒の改善方法を考える前に、してはいけないことも知っておきましょう。まずアルコールの飲み過ぎは絶対に中途覚醒の改善にはなりません

少しのお酒なら逆にスムーズな睡眠に誘導してくれるということもありますが、多くの場合は1~3時間たったころに逆に目覚めてしまうということになるので中途覚醒が改善されるまでアルコールは要注意と考えましょう。

またカフェイン摂取による中途覚醒もあります。多くの場合入眠障害を起こすことが多いようですが、人によってはスムーズに入眠することができても、途中で目が覚めてしまうという中途覚醒になってしまうこともあります。特に



ようにしましょう。

入眠障害

また昼に起きたり朝方から寝たりと、生活リズムが乱れていると体はいつ起きればいいのか、まったく体内時計が作用しなくなってしまいます。

そのため早寝早起きなど睡眠のリズムをきちんと体が覚えるようにしていきます。これらのことを注意した上で中途覚醒の改善方法を考えていきましょう。

まず自律神経を安定させることが大切です。そのため日常起きているときに軽い運動を取り入れるようにしましょう。

毎日適度な運動をすることで自律神経が安定し深い眠りが期待できます。ウオーキングなどでも良いので、1日30分程度の運動を取り入れるといいでしょう。

不眠症解消に運動が効果的

また毎日の入浴も良い刺激になります

次に



ようにします。セロトニンの分泌を促進させるには朝の光がとても重要です。朝日を浴びることで脳がセロトニンからメロトニンを分泌させることができ、それによって質の高い睡眠ができるようになります

また睡眠薬を試す前に、サプリを摂取することもおすすめです。人気の睡眠サプリがいろいろ出ていますが、それぞれ質の良い睡眠を呼び起こしてくれる効果のある成分が含まれています。

サプリの力も借りて、対策を取ってみましょう。そして交感神経の興奮を鎮めるためにも、睡眠時間の1時間ほど前から明かりを落として、寝る準備をしてゆっくり読書をしたり、静かな音楽を聞くようにします

サプリメントで不眠症改善

そして少し早めに朝起きてしまったときには起きてしまいます。その目安として朝7時に起きている人なら5時半以降なら起きてしまいましょう。

そして次の日も早めに寝る準備をして、早寝早起きのリズムを体に覚えさせることが中途覚醒の対策となります。


中途覚醒とは

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)